インフルエンザ予防 ウイルス対策特集
インフルエンザの感染予防、いざという時の行動制限への備えは万全ですか?
インフルエンザの感染力は非常に強力です。爆発的な流行に備えた予防対策は必須です。
効果的なインフルエンザ感染予防対策、必要なアイテム、行動制限に備えたポイントなどインフルエンザ予防に役立つウイルス対策特集。

インフルエンザの予防対策 食べ物
インフルエンザの予防対策で重要なポイントが食べ物で免疫力を高めること
私たちの体は、全て食べ物からできている。良い食べ物は体を健康にする
免疫力を高める食べ物は、インフルエンザの予防以外にも、風邪やガンや他の病気にも有効
ダイコンは予防効果大な食べ物
ショウガは万能薬の食べ物
ヨーグルトは免疫力アップの食べ物
長いものねばねば、ヌルヌル効果はすごい
水分補給は冬の乾燥対策

インフルエンザの予防対策 意外な効果「舌みがき」
インフルエンザの予防対策の中でも意外な方法が「舌みがき」
「舌みがき」とは一体どのような予防対策で、どのような効果が期待できるのか?ウイルス抑制効果のメカニズムを詳しく紹介。
その秘密は、インフルエンザの予防で大切なポイントである口内環境の清潔さです。

インフルエンザの予防接種 効果と間隔と回数
知っているようで知らないインフルエンザ予防対策のワクチンによる予防接種の回数と間隔。
実は、打ってはいけない人もいる。
実際にインフルエンザの予防接種の回数と間隔による効果持続期間、打った時の得られる効果など詳しく解説。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sponsored link


インフルエンザの予防対策 手洗いの効果に関する医師のコメント

インフルエンザの予防対策のもっとも代表的な対策である手洗いについて、全国各地の医師からのコメントを集めました。

インフルエンザの予防対策に関する医師からの貴重なアンケートは医師専門サイトにて実施された結果です。

・登録医師 55,009人

・回答総数 3,147人

・最も効果的である風邪の予防対策についてアンケート



医師から約3千人の有効回答を得られており、アンケートとして十分な信憑性が確保できているといえます。

風邪の予防対策であるが、ウイルス感染の主とするインフルエンザの予防対策としても同様と言えるため、非常に参考になります。

今回注目していることは、最も効果的である予防対策の一番が手洗いであること。

・最も効果的である予防対策が手洗い

・回答数 1,352人

・回答占有率 43%



以上に多くの医師から手洗いがインフルエンザの予防対策で有効であることが支持されていると言えます。

また、アンケートに記述されている予防対策として有効な理由にも説得力があります。

その一部を紹介します。

【予防対策 手洗いの効果に関する医師のコメント】

・ 手洗いが基本と思っています。マスクは、つけ方の問題もあり、効果は限定的と思います。(一般内科)

・ 手洗いがすべての感染症予防の基本だと思います。(家庭医療)

・ 意識的に手洗いをするようになって、自分自身風邪にかかり難くなった。(循環器内科)

・ 汚れた手からの感染が一番多いと考える。触ったところから他の人にも感染する。(消化器内科)

・ 基本は手洗い。こまめにしています。あとマスクも無意識に手を口にもっていくことがあり着用しています。(精神科)

・ 手に付着したウイルスが鼻や口からはいる可能性があると思うので。(一般内科)

・ やはり接触する手を予防することが1番ではないでしょうか(小児科)

・ 消去法で物理的に洗浄する「手洗い」が最も良い。(産婦人科)

・ 風邪は飛沫感染。飛沫を飛ばしそうな人には、人間はおのずと近づかないものである。盲点は、すでに汚染された物品をうっかり触った手で、物を食べたり、口などを触ることである。だから、手洗いが一番効果的と思う。(精神科)



インフルエンザウイルスが付着した手によって、周囲を感染するリスク、あるいは、そのまま口や鼻を触ってしまいウイルスが侵入してしまうリスクが脅威と考えている医師が多いようです。

インフルエンザの予防対策として、手洗いの重要性を改めて認識する良いきっかけになると思います。

sponsored link


スポンサーサイト

インフルエンザの予防で手洗いは基本中の基本

インフルエンザの予防でもっとも有名な対策が手洗いとうがいとマスクの着用です。

インフルエンザのシーズンになると子どもから大人まで幅広く手洗いとうがいを実施します。

マスクの着用は、予防の観点よりも、風邪などで頻繁に咳をしている場合、周囲に感染させないために着用するケースが多いです。

しかし、予防的にマスクをしている方も最近ではよく見かけます。

さて、ここでは、そのうち、まずは基本の予防対策である「手洗い」について詳しく紹介します。

インフルエンザはウイルスの侵入によって感染する病気です。

つまり、ウイルスの侵入を完全に防ぐことができれば、理論上は感染することはありません。

特に主なウイルスの侵入経路は、鼻と口です。

ここからウイルスが侵入し、爆発的に増加することで、インフルエンザの症状を発症してしまいます。


では、「手洗いをする」という行為がインフルエンザウイルスの侵入防止にどのように役立つのか?

このあたりを中心に紹介します。

まず、インフルエンザに感染しても、すぐに症状が発症する訳ではありません。

症状が発症するまでには、一般的に1日から3日程度の潜伏期間があります。

インフルエンザの潜伏期間の詳細については、「インフルエンザ 潜伏期間」参照。詳しく解説されています。

この間は、基本的に元気なので普通通りの生活を送りますが、身体の中ではウイルスが爆発的に増加していますので、当然しゃべったり、咳をしたり、くしゃみをすることでインフルエンザウイルスをまき散らします。

このインフルエンザウイルスは空気中を唾液とともに浮遊していたり、どこかに付着したり、あたり一面に飛散していきます。

人間の目では、どこにウイルスが付着しているか全くわかりません。

生活をしていれば、手はあらゆるものを持ったり、触ったりします。

どこかに接触した手にウイルスが付着してしまいます。

そのまま家に持ち込めば、ウイルスが付着した手で、やはり家の中であちこちをさわります。

そうして、家の中にウイルスが持ち込まれて、いずれ鼻や口を通じて体内へ侵入してしまいます。

もっと直接的なウイルスの侵入のケースは、食事やおやつの時です。

パンを食べるとき、おかしを食べるとき、おにぎりを食べるとき、ピザを食べるとき、すしを食べるとき・・・以外にも直接手を使って食べる食事は多いです。

また、お箸を使っているつもりでも、ちょっと手におかずがついたり、顔についたごはんつぶを食べたり、やっぱり手を使ってしまうものです。

その時は、手についていたインフルエンザウイルスが直接口の中に食事と一緒に侵入してしまうわけです。

これらを総合的に防ぐ方法が「手洗い」です。

もっとも効果的な手洗いの方法は、家に帰ったら、まず手洗いをすること。

インフルエンザの予防方法の基本中の基本ですが、インフルエンザウイルスの侵入を防ぐ簡単で、お金も不要で、効果的な予防方法のひとつと言えます。

sponsored link


検索フォーム

sponsored link



最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
インフルエンザ お勧めサイト
インフルエンザ 潜伏期間
インフルエンザに感染した場合、潜伏期間があります。
感染したのか、それとも大丈夫だったのか、潜伏期間の目安は?
潜伏期間の個人差があるのはなぜか?潜伏期間専門サイト。

インフルエンザ 初期症状
インフルエンザに感染したときの症状は、どのような特徴がみられるのか?
インフルエンザの初期症状を正しく判断することは治療の面でも重要です。
子供と大人では、初期症状の見分け方が異なります。初期症状の専門サイト。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。