インフルエンザ予防 ウイルス対策特集
インフルエンザの感染予防、いざという時の行動制限への備えは万全ですか?
インフルエンザの感染力は非常に強力です。爆発的な流行に備えた予防対策は必須です。
効果的なインフルエンザ感染予防対策、必要なアイテム、行動制限に備えたポイントなどインフルエンザ予防に役立つウイルス対策特集。

インフルエンザの予防対策 食べ物
インフルエンザの予防対策で重要なポイントが食べ物で免疫力を高めること
私たちの体は、全て食べ物からできている。良い食べ物は体を健康にする
免疫力を高める食べ物は、インフルエンザの予防以外にも、風邪やガンや他の病気にも有効
ダイコンは予防効果大な食べ物
ショウガは万能薬の食べ物
ヨーグルトは免疫力アップの食べ物
長いものねばねば、ヌルヌル効果はすごい
水分補給は冬の乾燥対策

インフルエンザの予防対策 意外な効果「舌みがき」
インフルエンザの予防対策の中でも意外な方法が「舌みがき」
「舌みがき」とは一体どのような予防対策で、どのような効果が期待できるのか?ウイルス抑制効果のメカニズムを詳しく紹介。
その秘密は、インフルエンザの予防で大切なポイントである口内環境の清潔さです。

インフルエンザの予防接種 効果と間隔と回数
知っているようで知らないインフルエンザ予防対策のワクチンによる予防接種の回数と間隔。
実は、打ってはいけない人もいる。
実際にインフルエンザの予防接種の回数と間隔による効果持続期間、打った時の得られる効果など詳しく解説。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sponsored link


インフルエンザ 予防接種の制限 予防接種規則

インフルエンザの予防接種は、インフルエンザの感染から症状発症までのリスクを低減するための予防対策のひとつです。


・インフルエンザに感染しても、症状を発症させないため。

・仮に発症しても、症状を軽減させるため。

・これらによって、流行の拡大を予防するため。



これらの効果が期待されています。

インフルエンザの予防接種による効果や期間については、「インフルエンザの予防接種 効果と期間」を参照。

予防接種にも、しっかりと法律や規則があります。

「予防接種実施規則」「予防接種法施行規則」です。

特に注目したいポイントは、予防接種の制限をうける者です。

具体的には、「予防接種を受けることが適当でない者」として記載されています。

ここでは、予防接種を打たない方が良いという意味の実際の記載内容を紹介します。

以下は、「予防接種法施行規則(昭和二十三年八月十日厚生省令第三十六号) 「予防接種法施行規則」 」の抜粋です。

第二条  予防接種法施行令(昭和二十三年政令第百九十七号。以下「令」という。)第一条の二第一項本文に規定する厚生労働省令で定める者は、次のとおりとする。

一  当該予防接種に相当する予防接種を受けたことのある者で当該予防接種を行う必要がないと認められるもの

二  明らかな発熱を呈している者

三  重篤な急性疾患にかかつていることが明らかな者

四  当該疾病に係る予防接種の接種液の成分によつてアナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな者

五  急性灰白髄炎、麻しん及び風しんに係る予防接種の対象者にあつては、妊娠していることが明らかな者

六  結核に係る予防接種の対象者にあつては、結核その他の疾病の予防接種、外傷等によるケロイドの認められる者

七  第二号から第六号までに掲げる者のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者



つまり、インフルエンザの予防接種を打とうとする者が、発熱状態であったり、アナフィラキシーの症状を発症したことがあれば、予防接種は控えてください。

ここでは、インフルエンザ以外の予防接種もありますが、本文をそのまま掲載します。

予防接種は、インフルエンザの予防対策のひとつになります。

しかし、それだけでは不十分です。

日常からの体調管理や食事方法などがもっとも大切な予防対策です。

バランスの良い食事や、適度な運動、早寝早起き。

基本的な生活です。

sponsored link


スポンサーサイト

インフルエンザの予防接種の判断基準

インフルエンザの予防接種でも、すべての人に万能に効果があるわけではありません。

中には、インフルエンザのワクチン接種を避けた方がいい方もいます。

その場合は、逆にリスクの方が高いといえます。

予防接種法に基づくインフルエンザワクチンの定期接種が不適当と考えられる方は、予防接種実施規則によって定められています。

代表的な接種の不適当者を紹介します。


<予防接種実施規則第6条による接種不適当者(一部抜粋)>

・明らかに発熱している者
(通常は、37.5℃を超える場合)

・重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者

・予防接種の接種液の成分によってアナフィラキシーショックを呈したことがあることが明らかな者

・その他、予防接種を行うことが不適当な状態にある者



一般的には、どれも該当しないケースがほとんどですが、心配な方は予防接種を受ける前に、医師に相談すれば間違いないと思います。

また、予防接種だけに頼ってもインフルエンザを予防する効果は十分には得られません。

規則正しい生活と十分な栄養、そして、たっぷりの睡眠など体が本来持っている免疫力を高めることが何よりも大切
です。

インフルエンザの予防にも、ほかの病気の予防にもなります。

何より健康でいられる秘訣でもあります。

sponsored link


検索フォーム

sponsored link



最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
インフルエンザ お勧めサイト
インフルエンザ 潜伏期間
インフルエンザに感染した場合、潜伏期間があります。
感染したのか、それとも大丈夫だったのか、潜伏期間の目安は?
潜伏期間の個人差があるのはなぜか?潜伏期間専門サイト。

インフルエンザ 初期症状
インフルエンザに感染したときの症状は、どのような特徴がみられるのか?
インフルエンザの初期症状を正しく判断することは治療の面でも重要です。
子供と大人では、初期症状の見分け方が異なります。初期症状の専門サイト。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。