インフルエンザ予防 ウイルス対策特集
インフルエンザの感染予防、いざという時の行動制限への備えは万全ですか?
インフルエンザの感染力は非常に強力です。爆発的な流行に備えた予防対策は必須です。
効果的なインフルエンザ感染予防対策、必要なアイテム、行動制限に備えたポイントなどインフルエンザ予防に役立つウイルス対策特集。

インフルエンザの予防対策 食べ物
インフルエンザの予防対策で重要なポイントが食べ物で免疫力を高めること
私たちの体は、全て食べ物からできている。良い食べ物は体を健康にする
免疫力を高める食べ物は、インフルエンザの予防以外にも、風邪やガンや他の病気にも有効
ダイコンは予防効果大な食べ物
ショウガは万能薬の食べ物
ヨーグルトは免疫力アップの食べ物
長いものねばねば、ヌルヌル効果はすごい
水分補給は冬の乾燥対策

インフルエンザの予防対策 意外な効果「舌みがき」
インフルエンザの予防対策の中でも意外な方法が「舌みがき」
「舌みがき」とは一体どのような予防対策で、どのような効果が期待できるのか?ウイルス抑制効果のメカニズムを詳しく紹介。
その秘密は、インフルエンザの予防で大切なポイントである口内環境の清潔さです。

インフルエンザの予防接種 効果と間隔と回数
知っているようで知らないインフルエンザ予防対策のワクチンによる予防接種の回数と間隔。
実は、打ってはいけない人もいる。
実際にインフルエンザの予防接種の回数と間隔による効果持続期間、打った時の得られる効果など詳しく解説。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sponsored link


舌みがきの予防効果 病院でのインフルエンザ症状発症抑制結果

インフルエンザの効果的な予防策はいくつもあります。

しかし、ここで紹介する予防方法は、簡単に実践でき、効果の高い予防方法のひとつです。

実際にこの予防方法を体験したことによるインフルエンザウイルスによる感染の抑制効果も数字に表れています。


そのインフルエンザの予防方法は、「舌みがき」です。


この方法は、歯科医師も推奨している予防策のひとつです。

しかも、この「舌みがき」の予防方法は、その歯科医師が訪問歯科治療をしている老人病院で効果が確認されています。

実はこの舌みがきは、インフルエンザの予防のために実践されていたのではなく、老人性肺炎の予防のために取り組みされていたものです。

その医師が訪問歯科治療として舌みがきを実践している病棟では、この口のケアの取り組みが徹底して行われました。

そして、時は新型インフルエンザが大流行した年。


周囲で次々にインフルエンザの感染者と感染拡大が続いた中で、ついにこの病棟だけは一人のインフルエンザ感染者も発生しなかったとのこと。


別の病棟では、インフルエンザの老人の感染者が10名以上発生しています。



ほぼ同じような環境の2つの状況で、これだけの差がインフルエンザの予防効果として現れた訳です。

老人性肺炎の予防のために実践された舌みがきですが、思わぬ予防効果、抑制効果を得ることができた貴重な検証結果といえます。

このほかにも、老人ホームで口のケアとして、歯みがきや舌みがきを徹底したところ、インフルエンザに感染する予防効果、抑制効果として、感染する確率が10分の1に低下したという報道もありました。

インフルエンザの予防対策として、口のケアが非常に重要であることがわかります。

sponsored link


スポンサーサイト

インフルエンザの予防 舌みがきの理論 ウイルス抑制メカニズム

インフルエンザの予防の中でも、「舌みがき」はお勧めの予防対策のひとつです。

特に歯科医師からも推奨されている予防方法であり、インフルエンザ以外の口の環境が原因で発症する病の予防にも効果があるといわれています。

舌みがきは、口の中のケアに効果があります。

つまり、インフルエンザの予防で大切なポイントは、口内環境の清潔さにあります。

では、具体的に、舌みがきを実践することで得られる効果である、インフルエンザなどのウイルス抑制効果について詳しく紹介します。


・もともと口の中は雑菌が発生・増殖しやすい環境である

・体内の悪玉菌の半分である300種類は口内で存在

・舌の上は悪玉菌の宝庫のひとつ

・代表的な菌は、虫歯菌、歯周病菌、真菌(カビ)、肺炎菌など

・中には、心臓病の原因となる菌も存在する

・これら雑菌によって、たんぱく質を分解する酵素が発生する

・このたんぱく質分解酵素が、口の中の粘膜を破壊(粘膜細胞壁を溶解)

・粘膜破壊箇所は、インフルエンザウイルスなどの侵入が容易となる

・破壊箇所が多ければ、多いほどインフルエンザウイルスに感染しやすくなる



つまり、口内でも、舌の上の雑菌環境を改善し、清潔にすることで、口の中の粘膜破壊を予防することができます。

その結果、インフルエンザウイルスをはじめ、肺炎菌などの悪玉菌の予防効果が高まるメカニズムです。

特に夜間は、インフルエンザウイルスが爆発的に増殖する時間帯でもあります。

夜の歯磨きに合わせて、舌みがきを実施すれば、インフルエンザウイルスの侵入を防ぐことができるため、非常に高い予防効果が期待できます。

舌みがきのインフルエンザ予防策は、インフルエンザウイルスの侵入口である、口の中を清潔に改善することで、インフルエンザウイルスの体内への侵入を防ぐ効果的な方法となります。

sponsored link


インフルエンザの予防 舌みがきと基本

インフルエンザの予防策の中でも、日常生活中で少しだけ工夫することで非常に大きな成果が得られる予防策があります。

特にお勧めの予防策がお口の中のケアです。

また詳細は紹介しますが、実際に取り組んだ結果、相当のインフルエンザ感染の予防効果、抑制効果があるようです。

また、歯科医師からも予防医学の観点からインフルエンザ対策、あるいは呼吸器疾患の改善の効果として健康指導のひとつして実施されています。

舌みがきがインフルエンザの効果的な予防となるにはちゃんとした理由があります。


<インフルエンザ予防 舌みがきの基本>

・インフルエンザはインフルエンザウイルスの侵入によって症状を発病する

・インフルエンザの代表的な侵入経路は、鼻と口

・インフルエンザウイルスが鼻と口に侵入しただけなら問題にならない

・しかし、口内環境でウイルスは爆発的に増殖する

・ウイルス増殖を防止・抑制する効果があるのが「舌みがき」



簡単にまとめると舌みがきとインフルエンザウイルスの関係はこんな感じになります。

もっと詳しい舌みがきの予防効果・ウイルス抑制のメカニズムについては、次回紹介します。

sponsored link


検索フォーム

sponsored link



最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
インフルエンザ お勧めサイト
インフルエンザ 潜伏期間
インフルエンザに感染した場合、潜伏期間があります。
感染したのか、それとも大丈夫だったのか、潜伏期間の目安は?
潜伏期間の個人差があるのはなぜか?潜伏期間専門サイト。

インフルエンザ 初期症状
インフルエンザに感染したときの症状は、どのような特徴がみられるのか?
インフルエンザの初期症状を正しく判断することは治療の面でも重要です。
子供と大人では、初期症状の見分け方が異なります。初期症状の専門サイト。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。